ビワの葉温灸器とビワエキスとびわまる

ビワの葉温灸を使う施術

ビワの葉自然療法をご存知でしょうか?
その名の通り、ビワの葉の薬効と自然の力を利用した民間療法です。難しい病気や治りにくい病状にも驚くほどの効果を発揮します。

内容

ビワは、中国やインドに自生していたもので、昔から優れた薬効があることでも知られていました。

中国では、ビワの葉を乾燥させた枇杷葉という生薬を様々な漢方薬に配合していました。
日本では千年以上前にビワの葉療法が伝えられています。最近では、びわの葉療法の効果が再び注目されて、一部の病院や診療所でも取り入れられています。

このびわの葉は副作用もありません。誰でも行うことができます。家庭では、ビワの葉があればエキスを作ることができます。化粧水としてまた、お風呂に入れることで皮膚の弱い人にも効果があります。

手軽に使えるビワの葉温灸器(ユーフォリア)があります。家庭にあると便利なアイテムの1つです。この温灸器は医療機器として承認されているものです。以下の効果、効能が認められています。

  • 疲労回復
  • 血行を良くする
  • 筋肉のこりをほぐす
  • 筋肉の疲れをとる
  • 神経痛、筋肉痛の緩和
  • 胃腸の働きを活発にする

様々な病状で改善が見られるビワ温灸です。はっきりとした改善例として、呼吸器系、神経系、婦人科系、泌尿器系、免疫系があります。

体験談
【呼吸器系】気管支喘息、小児喘息
体験談:発作が止まった
【神経系】座骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛、自律神経失調症、不眠症
体験談:座骨神経痛の改善例が多い。自律神経失調症を克服
【婦人科系】冷え性、生理不順、子宮筋腫、不妊症
体験談:極度の冷え性が治った。不妊症を克服して二児の母になりました。
【泌尿器科系】前立腺肥大、腎臓疾患、膀胱炎
体験談:前立腺肥大が好転
【免疫系】花粉症
体験談:花粉症を克服

時間経過とともにわかる改善例は、運動系、耳鼻科系、消化器系、眼科系、循環器系、新陳代謝系、皮膚科系です。

【運動系】腰痛、膝痛、むち打ち症、寝ちがい、半身不随
体験談:頑固な腰痛に抜群の威力
【耳鼻科系】耳鳴り、慢性鼻炎、メニエール
体験談:耳鳴り治療に有効活用
【消化器系】胃炎、下痢、便秘、痔
体験談:五十年来の胃腸病が改善。痔の激痛が改善
【眼科系】眼精疲労、仮性近視、飛蚊症
体験談:眼精疲労で即効性を実感。視力回復の切り札的存在
【循環器系】高血圧
体験談:高血圧が改善(食事療法との併用が効果的)
【新陳代謝系】糖尿病
体験談:糖尿病の改善
【皮膚科系】アトピー性皮膚炎
体験談:長年のアトピーを克服。重度のアトピーが改善

その他、ガン(食事療法との併用が効果的)の改善などがあります。

ビワの葉温灸器ユーフォリア

このビワの葉温灸器ことユーフォリアは、ガンの方、ガンではなくても必須アイテムだと感じています。使えばわかるのですが、痛みのある部位が和らいで、使い終わった後は、体が軽くなります。

外反母趾の痛みも中々取れませんでしたが、このユーフォリアを使うようになって痛みが取れました。使えば使うほど、その良さを実感しています。今、ガンや難病で苦しんでいる人たちに、このビワを使ったユーフォリアを知っていただきたいと思いました。もちろん、食事療法や運動を取り入れたりも必要です。

まずは、このユーフォリアの施術を受けてみませんか?

遠赤外線の熱で器具の先端部分に染み込ませたビワの葉エキスを蒸気化して皮膚を温めます。遠赤外線は他の熱源に比べて深達力が強く、皮膚表面だけではなく身体を芯から温めることが期待できます。(皮膚に直接当てます。)

料金

一回40分が目安です。
料金:初回3000円(通常6000円)

女性の方のみになります。
出張も承っております。
毎月1回、横浜近郊のホテルの一室での施術を行っています。
詳細はお電話又はメールでお問い合わせ下さい。

➡お問合せ・お申込はこちら

The following two tabs change content below.
kilastone

kilastone

キラストーンの野中です。お読み頂きありがとうございました。もしよろしければLINE@でお友達になって下さい!➡繋がりはこちらです♪
 

関連記事

  1. ご相談

  2. 天然石をもっと知る1DAY講習

  3. 守護石鑑定(生年月日)

  4. パワーストーン診断

ご訪問ありがとうございます♪

  • 245現在の記事:
  • 14今日の訪問者数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 58昨日の訪問者数:
  • 75昨日の閲覧数:
  • 771月別訪問者数:
  • 1381月別閲覧数:
  • 52一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年1月31日カウント開始日: