ルチルクォーツは金運効果を高めるパワーストーン

ルチルクォーツは金運効果の高いパワーストーン

ルチルクォーツは水晶の仲間ですが水晶の中でもとてもパワーの強い石です。

一般的には金運、財運の効果があるとされる石でもあります。針入り水晶と呼んでいます。ルチルクォーツは幾つかの種類があり金色の線がウェーブを描くように入っているルチルクォーツは髪に見えるところからヴィーナスヘアーと呼び一直線のものをキューピットダーツと呼んでいます。有名なものはタイタンルチルで太い金線が入っています。古代エジプトの王やローマ時代の貴族たちは、このタイタンルチルを所有
して宝物にしていました。

中国では皇帝が好んで身につけていたとされ経済界のトップも愛用していたことから広まったようです。

他にもこの石は黒、赤、緑などもありますが金運を高めるためには金の線がびっしり入っているタイタンルチルが、もっとも効果を高める石であったのではないでしょうか?現在でもタイタンルチルは希少な石とされているので中々手に入れることもむずかしくなってきました。お目にかかっても高価な石だけあってブレスレットでも50万、数百万のお値段がついているものもあります。高根の花ですね。効果が高いとは言えタイタンルチル以外でも十分に金運アップに力を貸してくれる石もあります。

ルチルクォーツは金運効果の高いパワーストーン

金運と言いますとタイガーアイもその1つですが石の強さではルチルクォーツのほうがパワーの強さはあります。ルチルクォーツの特徴は金の線が入っていることです。この金の線が金銭を呼び込んで強いエネルギーになるところから最強の金運を呼び込むのではないかと思います。

特に経営者の方が身につけていることが多い石です。持ち主に富や財をもたらすことから男性だけではなく女性も好んでブレスレットをつけるようになりました。やはり男女関係なく仕事が増えたり事業を立ち上げてる人には目標に向かって結果に繋げてくれるようサポートする石だと思います。人によってはパワーが強すぎて重さを感じる人もいますがパーツの大きさを調整したり組み合わせることでバランスが取れます。ただ石の効果を感じたい人はルチルクォーツのみでのブレスレットがおすすめです。

今まで身につけた人の中には仕事で新たに展開したことが上手くいったり抱えていた借金がすごく減ったと聞きました。

石はただ身につけるだけではいけないと思います。自分のこうなりたい想い、目標を石に語り石と波長を合わせることで、より効果が高まるのではないでしょうか?この石は自分のモチベーションを上げてくれるので自分自身のエネルギーが強まるから普通だったら出来ないこともやり遂げる力を与えてくれると思います。

数年前を思い出しますが、仕事が上手く行かず資金繰りも大変だったとき、思いもよらない方向でお金が増えた事がありました。また身につけてみようと思います。パワーストーンは不思議なことが起こるのも事実です。ご自分が直感的にこの石を身につけたい!そう思った時に石は寄り添ってくれます。気になる人はルチルクォーツ身につけてみて下さい。

The following two tabs change content below.
kilastone

kilastone

キラストーンの野中です。お読み頂きありがとうございました。もしよろしければLINE@でお友達になって下さい!➡繋がりはこちらです♪
 

関連記事

  1. ソーダライトは強い意思を秘めているパワーストーン!

  2. フローライトは精神性を高め負のエネルギーを洗い流す天然石

    フローライトは精神性を高め負のエネルギーを洗い流す天然石

  3. 水晶

    水晶は私を支え気づきと勇気と奇跡を与えてくれた!

  4. 最後まで諦めず粘り強い天然石のカオリナイトパワー

    最後まで諦めず粘り強い天然石のカオリナイトパワー

  5. モリオン

    嫌いな人から遠ざかる天然石モリオンの効果と体験談

  6. ダライマラ14世が身につけている神の眼の天眼石パワー

    ダライマラ14世が身につけている神の眼を持つ天眼石のパワー

  7. パワーストーンで人生が好転し性質も穏やかになった話

    パワーストーンで人生が好転し性質も穏やかになった話

  8. 勾玉は天然石の中で最も古いパワーのある形

    勾玉は天然石の中で最も古いパワーのある形

ご訪問ありがとうございます♪

  • 357現在の記事:
  • 49今日の訪問者数:
  • 59今日の閲覧数:
  • 42昨日の訪問者数:
  • 79昨日の閲覧数:
  • 798月別訪問者数:
  • 1181月別閲覧数:
  • 54一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年1月31日カウント開始日: